☆理系的理論と文系的感性で食支援☆

第18回加賀脳卒中地域連携協議会総会の特別講演は公立能登総合病院歯科口腔外科部長の長谷剛志先生。全国的にも有名な先生ですが、理系的理論と文系的感性両方を大事にして実直に食支援、地域医療に取り組まれていることが伝わる素晴らしい講演でした。

口腔環境の状態を分類して誤嚥性肺炎になりやすいタイプを明らかにする理路整然とした研究の紹介もあれば、金田一耕助「犬神家の一族」のスケキヨを例に出して没個性について論じることもあり、すべてのスライドから目が離せないあっという間の100分間でした。

幅広い視野で現象を捉え、地道に地域で活動を実践し継続する。”Think globally, act locally.” 「Evidence とNarrative」「 理系的理論と文系的感性」

自分が大事にしたいことがすべて詰め込まれ、ロールモデルを感じることの出来た素晴らしい講演でした。長谷先生有り難うございました。

総会はさまざまな著名な講師に来ていただき、年2回開催しております。是非、今後もご参加ください。