☆情報共有No.1県目指して☆

インターネットを利用し、各病院で得られた検査結果、画像所見など相互に閲覧可能とするID-link。ここに多職種の情報がすべて含まれた脳卒中連携パスを試験的に載せ、試験的に運用しています。小松市民病院とやわたメディカルセンターの2病院間で運用を開始して、約1年半経過いたしました。

今後は、他の病院でもこの取り組みを導入してもらうために、石川中央、南加賀の病院関係者が集まっていただき説明会を開催いたしました。

池永先生より、2病院間の運用について報告していただきました。

急性期から生活期まですべての施設でこのネットワークが構築されたら、間違いなく石川県は情報共有、多職種連携No.1県となることでしょう。インフラ整備、維持のための費用、個人情報保護、各病院内での運用の工夫など、解決すべき問題はありますが、普及にむけてがんばりたいと思います。

皆さん、ご協力お願いいたします。

21742820_1458555150901032_5243945041214123654_n