10月3日に運用促進委員会を開催いたしました。

今回は脳卒中予防ファイルの更新について主に検討いたしました。

このファイルを導入して2年弱立ちましたが、当初想定していた運用になっていないなどの課題が見えてきました。このファイルは1000部導入して、4つの急性期病院で渡してもらっていますが、そろそろ在庫が無くなりそうな状況です。

そこで、より患者・家族が使いやすく、生活期に戻った後も医療・介護関係者が利用しやすいファイルに改定することに決定いたしました。

会議では

・そもそもこのファイルの理想の使われ方は?
・このファイルはどのタイミングで渡すのが理想か?
・もう少しファイルを薄くしたほうが使いやすいのでは?
・脳卒中予防ファイルという名前が悪いのではないか?
・ファイルの広報が足りないのではないか?
・脳卒中という名前を入れない方がいいのでは?

などさまざまな意見が出てきました。

次回は2月6日に行う予定なので、その時までに上記の課題をクリアできる案を考えて、より有用なファイルに更新したいと思います。