1月24日(火)に「第15回加賀パス運用促進委員会」を開催いたしました。

議題は以下のとおりです。
1.脳卒中予防ノートについて
2.連携パスの聞き取り調査結果について
3.回復期および生活期にむけたアンケートについて

主に脳卒中予防ノート導入について検討いたしました。
脳卒中予防ノートとは、脳卒中地域連携パスをはじめ、治療経過などを綴るリングファイルのことです。

このファイルは次の効果を期待しています。
1.脳卒中で入院した際の膨大な治療経過(紙)を整理する
2.膨大な情報を整理することでさまざまな職種の方に抵抗なく見てもらう
3.整理することで患者自身に意識を高くもってもらう
4.生活期の情報を継続してファイリングすることで再発時に生活期の情報が把握できる
など

導入は来年度5月、6月を目標としています。

委員会ではさまざまな有用な意見が出てきました!完成が楽しみです(*^-^*)