☆自助には凄い力がある☆

加賀市の皆さんとのコラボ研修が開催されました。脳梗塞発症後、回復期リハ病棟にてリハ行い自宅退院したが一人暮らし。年金支給額少なく介護保険サービスを積極的に導入できないが、どのように地域生活を成り立たせていくか、皆で考えました。

思いのほか自助には力がありました。山中山代と、温泉に恵まれた加賀市。地域に温泉文化が根付いています。総湯に通い、地域住民に見守られ畑仕事も行っていました。

総湯で朝市をして、症例が畑で作った作物を売り収入源にしたらさらに自助が高まるのではないかとの意見には驚きました。本人(症例)がやりたいことに対して社会(コミュニティ)の受け入れがあれば、自助には凄い力があることに気がつかせてくれました。

少子高齢化し財源の限られた超高齢社会日本。加賀市も人口減少しています。共助、公助には限界がありますが、地域社会の理解、受け入れがあれば、自助には伸びしろが沢山あることに気がつきました。そんな自助を伸ばすような地域ににしていきたいと思いました。加賀市の皆様、有難うございました。

22195702_1477642142325666_7074396489958387444_n