☆生活期のリハビリテーションを踏まえて退院支援を考えよう☆

白山市在宅医療介護連携協議会の皆さんとのコラボ研修が次回で7回目となります。今回は回復期リハ病棟退院時にADL軽介助レベルだったのが、退院後通所リハに通いADL自立し、地域の裁縫教室や銭湯にも行けるようになった事例。

生活期のリハも時代の流れと共に大きく変わっており、普段病院に勤務している職員にはイメージが難しいことと思います。しかし生活期リハを適切に利用することで退院後に機能、ADLが大きく向上する事例も目にするようになりました。

合わせて回復期リハ病棟でのアプローチ、退院支援は適切だったのか?グループワークで検討します。回復期リハ病棟スタッフには少し耳の痛いテーマになりそうですが、お互いに忌憚なく議論し地域全体のレベルアップを図ることが目的なのでぜひご参加下さい。他地域からの参加も大歓迎です。