☆短所を長所に変えるコラボ研修☆

りくつなケアネット金澤(金沢西地区)と加賀脳卒中地域連携協議会との第3弾コラボ研修、110名以上の参加者があり今回も成功裏に終了。短所として捉えられていたことが退院後長所に変わり、復職にまで繋がることが報告され大変有意義な研修となりました。

・将来のことを考えずお金を使ってしまう→お金がなくても10日間なんとか生活やりくりした。
・パチンコがやめられない→パチンコ店の店長を地域包括ケアに巻き込み、アルバイトでも雇ってもらう。
・人の意見を聴かず楽観的にすぐ行動する→あたって砕けろの精神で前職場を訪問し、元同僚と人間関係を構築する
などなど、回復期リハ病棟入院中問題点として挙げられた項目(短所)を、促進因子として長所に変えてしまうアイディアがどのグループからも出され、それを訪問リハやヘルパーの援助で支援していくプランが出されました。

本症例を実際に担当している事業所から退院後1年たった経過が報告され、参加者の皆さんが考えた通り、短所としてとらえられていた問題点が、退院後には促進因子として長所に変わり、前職場にアルバイトとして復帰していることが報告されました。

回復期に所属する職員にとっては、自分たちが入院中問題点と考えていたことが退院後には長所に変わっていることを実感し驚きの連続であったことと思います。上手くいく症例ばかりではないのは十分承知していますが、コラボ研修が、短所を長所に変えられる地域包括ケアを構築するためのきっかけとなれば嬉しい限りです。りくつなケアネット金澤の皆さん、本日はどうもありがとうございました。

13667977_1064370826986135_3099830177468156390_o 13923337_1064371030319448_5125098816438536609_o