会長からのご挨拶

  • HOME »
  • 会長からのご挨拶

会長からのご挨拶

池田先生
加賀脳卒中地域連携協議会会長
金沢脳神経外科病院
池田 清延
 来年度には利用開始から10年目を迎える加賀脳卒中地域連携パスもしっかり地域医療機関に定着し、急性期-回復期医療施設間だけの連携ツールだったものが、今や回復期から生活期への連携ツールとして役立ってきています。今やこれを支えているのは生活期医療機関・介護施設職員を中心に盛んに行われてきているコラボ研修会といっても過言ではありません。
今年度を振り返ってみるに、大きな問題となったのは脳卒中画像伝送システムの不具合の発生です。多くの施設にご迷惑をおかけしましたことをこの紙面をお借りしてお詫び申し上げます。モバイル運用促進委員会では何回かの画像システム検討会を開催してネットワークシステムを再検討して参りました。その結果、これまでの電子カルテから伝送用端末への直接接続して画像を送るという手段を避けるとともに、システムもNadiaから新たにJoinへと置き換えることとしました。これからも引き続き脳血栓除去チーム派遣に代表される石川県救急医療体制の充実と強化をさらに役立ててゆきたいと考えています。
パスの情報伝達の簡便さと迅速化を図るため、急性期の小松市民病院から回復期のやわたメディカルセンター間で試験的に行われてきた、いしかわ診療情報共有ネットワーク(ID-Link)を利用したパス情報のやり取りを、今年度3月より14の施設に拡大して使用開始しました。これにより回復期施設では転院前の家族面談や、転院直前に患者データが得られることで受け入れ準備が非常に円滑となる大きなメリットが得られると考えられます。
また回復期病院を退院する際の患者さん自身の脳卒中治療に関するデータを整理し、生活期医療および介護施設を受診する際に役立てていただこうと作成された脳卒中予防ファイルもいくつかの回復期病院で配布使用されてきています。
平成30年度診療報酬改定では地域連携パス加算(地域連携診療計画加算)の算定対象が退院支援加算Iを届けている急性期施設に限られていたものが、入退院支援加算2を届け出ている医療機関にも拡大され、加算請求しやすくなりました。地域連携パスの必要性が認められてきている証拠と考えています。
最後に、パス使用もこれまでに4200件以上を超えました。データベース化してありますので、これらのデータをもとに学会や論文発表などにご利用いただけましたなら協議会としては幸甚に存じます。
(平成28年度年報より)
 平成21 年4月より、加賀脳卒中地域連携パスが利用され始めて、7年が経過しました。最初の頃は、急性期施設から回復期施設への患者情報伝達のツールとしか利用されていなかったものが、大きく変わってきています。平成24 ~ 25 年にかけての全国医療連携の会の視察により、全国の現状把握と共に、当地区の連携パスの問題点が浮かび上がりました。これにより、平成25 年からはパス改定が行われ始め、またこれに触発されて地域生活期施設とのコラボ研修会が活発となり、急性期から回復期そして生活期への連携が強化されてきていることを実感しています。そして会員施設も494 施設にまで増えてきており、加賀パス利用件数も7年間で3,270 件となりました。加賀地区全体では脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の発生率は、全国統計と同じ傾向にありますが、急性期および回復期施設における在院日数は、全国平均に比べまだまだ長く、パス利用による円滑な流れを促進する必要があると感じました。石川県でのパス導入にご尽力された故濱田教授が、着任早々に私に尋ねられた加賀地区における脳卒中の実態把握に近づきつつあるように思われます。そして長年の地域連携協議会活動により、急性期施設から回復期施設まで、お互い顔が見えるシームレスな関係が築かれつつあると思っています。
最近、コラボ研修の活発化の中、一つの疑問が浮かび上がってきています。“脳卒中地域連携パスは生活期で十分に利用されているでしょうか?”平成28 年度は、回復期でのパスの利用促進のために脳卒中ファイルを作成し、患者さんの啓発やかかりつけ医師、ケアマネへの円滑な情報提供をしていきたいと考えています。しかし、生活期で受け取るパスは急性期から溜まった膨大なデータで埋め尽くされ、スリム化を必要とするご意見を頂いています。そのためにもコラボ研修会で必要項目の絞り込みを行い、生活期でのパス利用促進を検討していっていただきたいと考えています。
平成28 年度の診療報酬改定によって急性期施設では、地域連携パス加算請求に退院支援加算I 取得が必須となりました。手続きが煩雑化した事により、急性期施設でのパス作成・利用の鈍化が危惧されます。しかし急性期施設でのパス作成がなければ、回復期、生活期施設での地域連携診療計画加算が取れなくなるため、一層、地域連携パス利用による連携の重要性が増すと考えられます。よろしくお願い致します。
加賀脳卒中地域連携パスを介して、脳卒中患者さんに対する各病期における施設の役割分担をより明確にし、その流れを円滑にして、みなさんと共に脳卒中患者さんに対する地域包括ケアを促進していきましょう。
(平成27年度年報より)

初代会長より

(H26年度年報、H25年度年報、H24年度先進地視察報告より抜粋)

宗本

金沢脳神経外科病院
宗本 滋

 

会員の皆様には加賀脳卒中地域連携協議会の活動に多大なるご支援を賜り、厚くお礼を申し上げます。
脳卒中の患者さんを治療から、生活までを支援する活動を平成20 年より進めて参りました。脳卒中で障害が生ずることは本人はもとより、家族にとっても大変なことであり、時には途方に暮れるような状況がもたらされます。そのような時に多くの医療、介護、福祉従事者が集まって、患者さんの治療だけではなく、家族の生活も考慮して支えてあげようというのが本協議会の目的であり、活動です。この活動にご賛同いただき、平成27年3月現在で参加いただいている会員は494 施設となってきております。加賀パスの累積登録数は、2913 件となっており、データの解析も行われております。
当初、急性期病院と回復期を担う病院とで活動を開始いたしましたが、平成25 年からは加賀地域の9つの在宅医療連携グループとの合同研修会が開催されてきました。平成26 年には二巡目に入っております。加賀脳卒中地域連携のご説明と共にグループワークとして在宅生活を重視した研修を行ってまいりました。活発な質疑応答、貴重なご意見などをいただいております。
多様な専門職の方々が参加していますので、情報の一元化と共通の認識を持つことが連携を進めるに当たり重要であります。そこでWHO が2001年(平成13 年)に発表した国際生活機能分類(ICF)を加賀パ
スに取り入れ、研修も行ってきました。また摂食、嚥下の観点から、これまで必要性が痛感されていました口腔ケアに関し、歯科部門から「歯科情報提供書」が作成、提示され、取り込まれました。さらに栄養部門
からは食事形態が一目でわかる「I(アイ)スケール 石川県栄養士会作成」をご提案いただき、加賀パスに取り入れさせていただきました。
現在、加賀パスはCD と紙印刷の両方の媒体を使用し、運用されていますが、今後、インターネットでの運用を検討中です。石川県では平成26 年よりいしかわ診療情報共有ネットワーク(ID-LINK)が病院と診療所の間で運用され始めましたので、このID-LINK で加賀パスを運用できるように準備を進めているところです。
加賀脳卒中地域連携協議会として新たなホームページを立ち上げており、活動内容や、連絡事項、関連書類がダウンロードできるようになっております。ご活用いただければ幸いです。
行政に眼を転じますと厚生労働省は、高齢者医療や介護に関して、おおむね30 分以内で移動できる日常生活圏で医療と介護、住まい、生活支援サービスなどを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。世の中には社会の制度として、救済制度、医療制度、社会福祉制度などが確立してきました。しかし、歴史的にその思想、実践は発展、変化してきています。それでもその基本は人と人とは支え合って社会を作っているということでしょう。
本会の活動を進めるにあたり、折々に各種の関連法案、WHO の発表などを参考にして参りました。日本の医療や福祉の歴史の潮流をみるような思いです。これから人々は何を考え、何を創り出してゆくのか未来を知りたい思いに駆られます。
これまでの主要なものを「関連する社会保障制度の流れ」として整理、列挙いたしました。第29 回医学会総会(2015 年)学術講演会では「集団の予防医学」から「個の予防医学」が述べられ、「先制医療」という言葉も使われました。進化生物学ではライフヒストリー(生活史)という考え方があるようです。脳卒中の地域連携の取り組みは今後、さらに発展していくものと考えられます。常に科学的に、論理的に、客観的に活動して行ければと思っております。
この会の活動が患者さん、患者さんのご家族に福音として届くように、笑顔がわくような成果を積み上げていけることを願ってやみません。今後とも、本会の活動にご支援賜りますようお願い申し上げます。
各委員会の開催、役員会、総会、合同研修会とご多忙な中、頻回に熱心に足を運んでいただいた会員の皆様にお礼申し上げます。とりわけ、各会で、ご多忙の中、遠路お越しいただき、ご講演頂いた講師の先生方には心よりお礼申し上げます。
(平成26年度年報より)


加賀地区に脳卒中地域連携パスを取り入れる活動を、平成20 年に開始してから6 年目になります。活動の広がりを踏まえ、平成24 年8 月には加賀脳卒中地域連携協議会が発足し、さらに活動の発展充実を目指してまいりました。幸い、この活動にご賛同いただき参加いただいている機関は現在300 となってきております。
昨年、平成25 年度の活動報告書をお届けいたしますので、詳細をご覧いただければ幸いです。加賀パスの運用は2000 件におよび、委員会、役員会、総会と活発に活動が展開されてきました。
平成25年4月からの新規活動で特記すべきものは本会とほかの会との連携が行われてきたことです。加賀地域には9 つの在宅医療連携グループがあり、そのうちの6 グループとの合同会が開催されてきました。
いずれも多くの方々にご参加いただき、加賀脳卒中地域連携のご説明と共に加賀パスの実際の活用法をご紹介いたしました。質疑応答の形式で行われ、和やかな中にも活発なやり取りがなされ、次年度も合同会の継続、他グループとのさらなる会合が予定されております。
医療、介護、福祉の連携が新たな活動を生み出してきていますが、これまでにそういう活動がなかったかといいますとそうではなく、多くの先人がこの地で活躍していたことに気付かされます。
金沢は日本の福祉事業の祖と称される小野太三郎が活躍した地であります。加賀藩の救民事業に携わっていた太三郎は、明治への移行とともに藩の事業が廃止され、路頭に迷う目の不自由な人々、困窮する老人に私財を投じて救済事業を行ってきました。それは今日の小野陽風園として創立140 年を記念することに続いています。
また福祉事業と医学のつながりも見ることができます。昭和61年の十全同窓会会報(金沢大学医学部同窓会の会報)に大正時代の1枚の写真が掲載されています。それは「小野慈善院における奉仕診療」という題名で、説明文には「明治末より昭和初期まで、金沢市三口新の小野慈善院(明治39 年10 月設立)で、学生の課外臨床実習が定期的に行われた。今日の小野陽風園は特養施設をもった老人ホームになっており、北陸最大の規模である。写真の中央で裸の男児を診察するのは、皮膚科の土肥章司教授である。」とあります。
大学病院からの学生実習を兼ねた訪問診療の様子でしょう。
このような身近な歴史を垣間見るだけでも、医療、福祉、介護には個人の献身的な努力があり、さらにこれに共感した人々が集まって創り上げられてきたものであることがわかります。この土地の史実にあらためて思いをめぐらし、先人に感謝、尊敬の念を禁じえません。
この会の活動が患者さん、患者さんのご家族に福音として届くように、笑顔がわくような成果を積み上げていけることを願ってやみません。今後とも、本会の活動にご支援賜りますようお願い申し上げます。
平成25 年度も脳卒中地域連携の先進的な3 地域を3グループで視察してまいりました。お忙しい中、視察に出かけられ、報告書を作成して頂きました会員の皆様、また、何よりも快く視察を受け入れて頂き、格別のご配慮をして頂きました視察先の皆様方に心よりお礼申し上げます。
末筆ながら、各委員会の開催、役員会、総会とご多忙な中、頻回に熱心に足を運んでいただいた会員の皆様にお礼申し上げます。
参照 ・金沢偉人館より
・十全同窓会会報 第75 号61.6.1より
(平成25年度年報より)


加賀地域に脳卒中地域連携パスを取り入れる活動を平成20 年に開始してから5 年目になります。活動の広がりを踏まえ、昨年、平成24 年8 月には加賀脳卒中地域連携協議会が発足し、医療機関:130 機関、介護サービス事業所等:149 事業所が参加連携してさらに体制、活動の発展充実を目指しているところであります。
8 月2 日に第1 回総会、12 月13 日には第2 回総会を開催することができ、会員の皆様との勉強会、情報共有、これからの地域連携の在り方など多方面にわたるテーマにつき活発な意見交換がなされてきました。
今後のさらなる発展をめざし、①加賀パス運用促進委員会②維持期(生活期)連携強化委員会③情報分析・IT 推進委員会の3 つの委員会を立ち上げ、各課題につき詳細な検討を行っており、加賀パスの運用状況、件数、内容分析などデータの解析も行われてきております。これもひとえに患者・家族の皆様のご協力と会員の皆様のご努力の賜物と深く感謝しております。
さらに平成24 年度の当会の活動の一つとして、脳卒中地域連携の先進的な地域を視察してまいりました。
4 地域を4 グループでそれぞれ、訪問、研究会に参加し、直接スタッフから詳細なお話を伺うというものでありました。非常に多くのものを得ることができ、平成25 年3 月26 日には公開シンポジウムとして報告会を開催させていただきました。先進地とされる地域にはいずれも積極的な人材のもと、建設的かつ活発な活動が展開されていました。これらの視察結果を活字にして皆様のお手元にお届けすることを企画いたしました。
少しでも皆様のお役に立てればと思っております。
お忙しい中、視察に出かけられ、報告書を作成して頂きました会員の皆様、また、何よりも快く視察を受け入れて頂き、格別のご配慮をして頂きました視察先の皆様方に心よりお礼申し上げます。
これからの当会の活動とその結実が患者さんあるいは患者さんのご家族に福音として還元されることを願ってやみません。今後とも、本会の活動にご支援賜りますようお願い申し上げます。
(平成24年度先進地視察報告)

 

PAGETOP